baby’s ware

自分にあったベビーベッドを選ぼう

帽子をかぶったお母さんと赤ちゃん

新しい家族が出来る前に準備したいベビーベッドですが、はじめての時はどう選んだら良いかわからず大変です。
気を付けておきたいのが、人の意見に惑わされない事です。使った事のある人の意見は聞いておいて損はありません。参考にはしていいと思いますが、強く勧められたからと言ってそれが絶対に良いとは限りません。部屋のスペースも行動範囲も違ってきます、勧められるままに買って後悔することのない様にしましょう。
基本は自分の生活に負担がないように選んで行く事ですベビーベッドの種類には色々あります。縦120cm、横(奥行)70cmのノーマルタイプ、それよりも小さな縦90cm、横60cmのミニタイプそして高さが80cm前後のハイタイプに10cm~50cmのロータイプとあります。ベッドを置いて大人が二人動く事の出来るスペースが取れるのか、ミルクやおしめを置くスペースの確保が出来るのか、赤ちゃんの手の届かない所にポットが置けるのかを考えます。そして、子供の世話をする人、お母さんが多いと思いますのでお母さんの動きを考えましょう。眠る場所がベッドで、腰を屈めるのが辛い人には立ったままおむつ替えが出来るハイタイプを、床に布団を敷いて寝ている人には立つ必要のないロータイプ、といった具合に考えていけば自分にあったベビーベッドが見つかる筈です。

ベビーベッドを購入する前に

かわいい赤ちゃん

ベビーベッドにはサイズが主に2つあります。みなさんが想像するのは多分通常サイズと言われるもので、2歳半くらいまで使用する事ができるものです。こちらは置き場所を考えなければならない程かなり大きめです。アパートなどの賃貸に住んでいる方は邪魔になってしまうかもしれません。もう1つは少し小さめのサイズです。こちらは1歳半くらいまで使用できるものです。置き場に困るけどベッドは欲しいという方はこちらの方が良いかもしれません。またベッドは動かす事ができるので、下に埃がたまりやすくなっています。清潔を保ちたいからベッドを購入しているのに、埃があったら嫌です…